手術後の臭いやワキガの再発について。

手術後の臭いやワキガの再発について。

ワキガの手術が成功することにいより、臭いの改善も成功しますよね。
しかし、再発してしまう可能性も少なからずあります。

 

 

きちんと全部手術で摘出しなければ、かなり生命力が強いといわれているアポクリン腺は、再発してしまうのだとか。

 

手術しようとかいっても、このアポクリン腺はどうやら全てを摘出するのは難しいようなので、腕の良い医師でないと、残って
しまいがちなんですって。

 

それなら、メスを使わずボトックス注射・・なんて、手術内容もあるみたいですがやはり、アポクリン線は臭いの再発可能性がかなり
あるみたいなんですね。

 

しかり原因を元から解決できるということではないみたいなんですね〜・・。

 

手術でしっかりアポクリン腺を取り除いたのに、今度は陰部など別の体の部分から臭いが出たというような話も
聞いたことがあるのですが、やはり取り除いてしまったことにより他のアポクリン腺にいってしまったということなんです。

 

 

臭いが気になるようになったという人もこのようにいるみたいなので、こういった話も聞きますね〜。

 

やはり決断力がいるものであると手術はいわれていて決断して手術を受けたのに、結局再発してしまった・・・なんて
かなりがっかりしてしまいますよね。

 

だからといって再発してまた手術するのも微妙です。

 

傷跡も手術で気になる部分のひとつなのですが、これも医師の腕次第で、
医師の中でも腕がよくない方の場合は、出血の黒ずみや傷口がひどいなどといった状態になってしまうこともあるみたいなんです。

 

 

やはりこういうのがトラウマになってしまい、再手術を受けたいなんて一切考えないなんていう方もかなり
いるそうです。

 

しっかりワキのアポクリン腺を手術で摘出しても、体の他の部分のアポクリン腺の臭いまでは取り除くことができないというわけなのです。

 

再手術しようかと思っている方や、手術に踏み切ってみようと思っている方。

 

ご自身の体質はもちろん、生活状況をしっかりと見直してワキガを改善することを目指すのがいいのではないでしょうか!

 


このページの先頭へ戻る