そもそも本当にワキガの手術は受けても良いのか。

そもそも本当にワキガの手術は受けても良いのか。

ワキガの手術は、きちんと完治するというわけではないということをご存知ですか?

 

想定外かもしれませんが、成功したように思えても、何年かしたら再発してしまうリスクはもちろん、失敗の可能性だって存在します。

 

アポクリン腺をしっかり全て摘出し、ワキガの原因を取り除くというスタンスの手術ですからね。

 

もちろんメスを使う手術以外のいわゆるボトックス注射などの、他にも方法がありますがやはり再発の可能性も
予測すると、100パーセント解消できるという方向にはなりません。
しかしなぜきちんと手術をしたにもかかわらず再発リスクがでてしまうのでしょうか。
これは、ワキの部分に存在しているアポクリン汗腺のみならず、体自身があの嫌な臭いを作ってしまっているという点が原因なんです。

 

アポクリン汗腺をきちんと手術で取り除いて、ワキガの完治を実現した人がいるのも本当なのです。
ですが、この臭いを出す部分を体から取り除いたといっても、体質改善はやはりできているというわけではないのですね。
ワキの他にも、アポクリン腺は体には存在するので他の部分の臭いが気になるという状況もあるのだとか。

 

やはり、命に関係ない手術というわけではありませんし、メスを体に入れるという行為自体怖いと思う方も多いはず。

 

更に、メスの怖さのみならず、手術の高額な費用の負担も大きいのです。

 

何度か手術に望んでも成功がみられない場合もあり、
臭いがより気になる方向になってしまった方もいたようです。

 

 

こういった点から、ワキガ手術をすればOkという方が全てではないというわけなのですね。
更にワキガ手術の気になる要点をもっとチェックしてみましょう。


このページの先頭へ戻る